男の人

ワセリンは精製度の低い黄色ワセリンと高い白色ワセリンがある

油焼けしない

クリーム

白色ワセリンは体のいろいろな部分に使える便利なものです。しかし、薬と似ていることから副作用を気にする人もいるのです。ワセリンは物理的な働きかけで肌を守ってくれるものです。薬とは少し違うのです。

詳細

化粧の時にも役立つ

手

白色ワセリンの原料は油です。その油分を利用すれば、まつげの保湿を行なったりマスカラやメイクの手直しもできます。また肌の乾燥も防いでくれるので肌に潤いが出たりシワが改善されたりもします。

詳細

花粉症の予防に効果的

頭痛

白色ワセリンは保湿以外の使い方ができます。それが花粉症対策です。白色ワセリンが肌を保護する膜を張ってくれるので、花粉から肌を守ることができます。鼻の周りや目の周りに塗ると症状が和らぐでしょう。

詳細

ワセリンの種類と価格

保湿剤の1つとして有名なものにワセリンがあります。ワセリンというのは原油が原料となっています。原油と聞くと肌に悪いのではないかと心配する人もたくさんいます。しかし、ワセリンで使われている原油は天然由来の物です。また、酸化防腐剤の入っていないワセリンが主流になっているので肌に優しいのです。そんなワセリンは大きく2つのものに分かれます。市販の薬局やスーパーで見かけるのが黄色ワセリンです。これは精製度が低いワセリンなので安く手に入れることができます。持ち歩きに便利なサイズも出ているのでとても便利なものです。しかし、黄色ワセリンは不純物が入っているので敏感肌の場合や傷がある場合に刺激を感じてしまうことがあるようです。もう一つのワセリンが白色ワセリンです。これは不純物があまり含まれていないという特徴があります。そのため、いろいろな肌質に人に使うことができます。アトピーや敏感肌の人、小さな赤ちゃんも使うことのできるものです。白色ワセリンは精製度が高いので、値段も黄色ワセリンより高くなってしまいます。しかし、とても万能なので病院でも医薬品の1つとして扱われています。医薬品として使われている白ワセリンは傷ついた部分にも使われます。そのため、より純度が高くなっています。目の周りや顔にも問題なく使えるでしょう。化粧品用として活躍している白ワセリンもそれに劣らない保湿機能があります。精製度は医薬品のほうが上となり、化粧品用は少し値段が下がります。